窓口証券に行ってはいけない【カモネギ注意】

お金を守る

窓口証券に行ってはいけません。

今や、証券口座開設はネットでどこでもできます。
しかし、ネットで証券口座を開設するのは「便利だから」というだけではなく、もう一つ大切な理由があります。

それは「対面窓口で証券口座を開設してはいけない」からです。

証券口座の開設は証券会社だけではなく、銀行等の窓口でもできます。
が、これは絶対にやってはいけません。

禁則事項です♪

禁則事項です♪ / あじゃき さんのイラスト - ニコニコ静画 (イラスト)

証券口座開設の基本は「窓口ではなくネット証券を使う」
これは資産運用に関する本においては、まず間違いなく書かれています。
ナンドーの主観ではございません。

何故、証券口座を窓口で開設してはいけないのか?
本日はそちらについて、比較の数値を交えながら説明します。

本日も最後までご覧ください!

1.【始めに】窓口で証券口座を開設してはいけない理由
疑問を持つサラリーマン
疑問を持つサラリーマン

何で窓口がダメなの?
窓口にはプロの証券マンがいて、プロの勧める商品を買えるんだから安心じゃん。

こう思われる方もいると思います。

しかしここが不都合な真実

「窓口で証券口座を開設する」ということは「その窓口で売っている商品を買う」ということになります。
そうなると、当然証券マンが勧める商品を購入することになります。

これが一番やってはいけないこと。

結論はこれです。

証券マンが勧める商品は基本ゴミ商品である。

なんてことを…と思われるかもしれませんが、ここは強く言います。

その理由について下記に述べます。

1.1 手数料がバカ高い

まず、一番の理由は手数料がバカ高いということです。

大手証券会社は駅の一等地にビル等を構えています。
なので、その分多くの維持費がかかっています。

また、証券を売る証券マン、その後ろで事務をやっているお姉さんたち。
この方々の人件費はどこから出ているのでしょうか?

手数料の簡単な比較をしてみます。
まず、楽天証券の国内株購入手数料はこちら。

次に業界最大手の窓口証券での国内株購入手数料はこちら。

え??何倍??マジで一瞬計算できなかった。
20万円だと楽天証券は115円で、窓口証券は2,860円だから手数料だけで約25倍です。

ありえない。

まずはここを押さえておきましょう。

1.2 売っている商品がゴミ商品だらけ

次に売っている商品がゴミだらけということについて。
窓口で売っている商品の90%は「手数料が高い」「管理費用が高い」ゴミ商品といわれています。

さらに証券マンは「自分たちの利益になる商品」を売ってこようとするので、ゴミの中のさらにゴミを売りつけられるという仕組みなのです。

お金を増やしたくて証券口座を開いたのに、ゴミを売りつけられて「あれ?減ってる?」となってしまったら意味がありません。

この「バカ高い手数料」と「ゴミ商品」の2つをよく覚えておきましょう。

2.【詳細】窓口証券とネット証券の商品を数値で比較

それでは窓口の商品とネットの商品がどれくらい違うものなのかを実例で紹介します。

まず前提として。

このブログではインデックス投資を基本として考えています。その想定利回りは年利3~5%程度が相場です。
100万円を運用したら1年間で3~5万円増えたり、配当金としてもらえたり、という計算です。
※税金は不含この数値を頭におくようにしてください。

有名投資信託の「eMAXISシリーズ」で似たような名前の2つのものがあります。
それが下記。

①eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
②eMAXIS 先進国株式インデックス

この2つ、同じeMAXISシリーズなのですが、Slimと入っているかいないかの違いがあります。

で、この2つがどう違うかというと、実は金融商品としては全く同じものなのです。
運用成績のチャートは下記です。

ぴったり重なっていてどこが違うのか全く分かりません。

しかし、この2つで決定的に違うものがあります。
それが手数料です。

楽天証券のページで確認するとこのようになっています。

「①eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」は管理費用(含む信託報酬)が0.1023%になっています。

それに対し②の「eMAXIS 先進国株式インデックス」は管理費用(含む信託報酬)が0.66%になっています。

その差が何と6.45倍!!

この「管理費用」とは1年間にかかる運用費用のことです。
簡単に言うと管理会社に運用を委託している手間賃です。
管理手数料は永続的にかかってくるものなので、少しでも安い方が手残りが多くなるわけです。

心配するサラリーマン
心配するサラリーマン

何でこんな違いがあるの?

実はこの2つの違いはネット限定商品か、対面販売用商品かの違いです。
しかもネット限定の方が取り扱っている会社が少ないのです。
これは「信託報酬が低いファンドを扱うことに同意が得られる金融機関が少ない」というのが理由として考えられます。

つみたてNISA(積立NISA)で人気の「eMAXIS Slimシリーズ」とは?デメリットはある? | MONEY TIMES
eMAXISはここ数年で急激に純資産残高を伸ばしている投資信託シリーズで、eMAXIS Slim(イーマクシス・スリム)はそのなかの1つのブランドだ。eMAXIS Slimの特徴を押さえながら、NISAやつみたてNISAで購入するときの注意点を考えてみたい。eMAXIS

引用参考。

全く同じ商品なのに、買ったのがネットか対面かだけで手数料が6.45倍違うというのは凄いです。
さらに管理費用は毎年ずっとかかってくるものなので、結構ボディーブローのように効いてきます。

しかし、これはわかりやすい比較として出したもので、まだ優良なものです!!
本当のゴミ商品はこんなものではありません。
中には管理費用+信託報酬が1.5%を超えるものもゴロゴロあります。

さらっと探して出てきた管理手数料2%の商品。ぐへー。

ひどいものだと3%を超えるものまであります!!

冒頭で、投資の想定利回りは3~5%程度が相場と書きました。
それなのに管理費用で3%取られていたのでは、自分のお金で稼いだお金を、そのまま証券会社に寄付してしまっているだけになってしまいます。

こういった管理費用を安くするためにも、証券購入は絶対にネット証券を利用するようにしましょう。

3.【まとめ】いらないコストは抑えていい資産運用をしよう

本日のまとめです。

①窓口の証券口座は手数料がバカ高い
②証券口座で売っている商品は90%ゴミ
③まったく同じものでも窓口証券の管理手数料はネット証券よりも数倍高い

資産運用は「自分のお金を増やす」というのが目的です。
自分のお金を使って他人の給料を払っているのでは意味がありません。

払うべきところにコストを掛けるようにしましょう。

窓口に行ってはいけない理由を述べた参考動画も貼っておきます。
3:48から5分だけでも見ていただければ。

【メリット多数】両学長が楽天証券を使っている3つの理由【評判GOOD】【株式投資編】:(アニメ動画)第23回
◆初心者にも操作しやすくおすすめの証券口座【楽天証券】✓優良米国ファンドが購入可能✓手数料が業界最安クラス&楽天ポイントで支払える✓楽天ポイントで株が買える【リベ大 ブログ記事】【初心者向け】楽天証券の口座開設方法・...

楽天証券の口座開設方法については下記記事をごらんください。

【お金の話】第72回 開設方法も!楽天証券口座開設の勧めについて
こんにちは。ナンドーです。 このブログでは、自分の実体験をもとに色々役に立つ情報や雑記を記載していきます。 本日...

最大手がいい、という方はネット証券最大手の「SBI証券」をどうぞ。
こちらもラインナップは問題ありません。

【SBI証券】ネット証券口座開設数No.1|SBI証券
証券口座を開設するならSBI証券。口座開設料、口座管理料無料で口座開設ができます。ネット証券口座開設数No.1の実績で初心者でも安心。株、FX、投資信託、米国株式、債券など取扱商品も豊富です。

「とにかく難しいことは考えずに投資を始めたい!」という方はこちらの本がオススメです。
自分も最初はこの本に従って商品を買いました。
投資の基本が非常にわかりやすく書かれています。

「上場インデックスファンドTOPIX」
「<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド」

これらの銘柄について本書にて詳しく紹介されています。

「役に立った!」と思われたら、「いいね!」していただけると励みになります。
また、お気付きの点や、ご意見がありましたらコメント欄へお願いします。

それでは、今日も一日ご安全に!

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました