2021年12月投資実績を紹介【投資信託編】

お金を増やす

2021年12月の投資実績結果を紹介します。

本日の結論はこちら。

またも急回復。年間の最高成績を記録!

これから投資を始める方への参考指標になればと思います。

マクロミル
アンケートモニター登録

1.【始めに】各銘柄の評価損益まとめ

<所有投資信託商品>
①<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド
・評価損益:+1,387,874円(前月より+142,500円)

②eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
・評価損益:+188,031円(前月より+37,179円)

③eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
・評価損益:+38,629円(前月より+13,613円)

④eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
・評価損益:+145,216円(前月より+20,865円)

⑤楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
・評価損益:+182,499円(前月より+29,285円)

⑥eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
・評価損益:+8,487円(前月より+2,315円)

⑦SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
・評価損益:+26,215円(前月より+8,057円)

2.【詳細】各銘柄の特徴と実績詳細

次に自分の保有する銘柄と、その特徴について解説します。
ご自身で投資信託を購入される際に、それぞれの特徴を捉えて参考としていただければと思います。
<注意点>
本来、自身の運用実績を公開する、というのはあまりメリットはありません。自分の実績がプラスになったとしても、「ナンドーがプラスになっている実績があるのだから、この銘柄を買えば自分もプラスになる」とは限らないからです。ちゃんとした商品を、長期で持てばプラスになる可能性は高くなります。
しかし、それも統計上の話である、ということは覚えておいてください。

2.1 2021年12月購入商品

今月購入した投資信託商品は下記です。

<つみたてNISA>
①eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
<ジュニアNISA>
①<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド
②eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
③eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
④楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
⑤eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
⑥SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
先月と購入銘柄の変更はありません。

2.2 2021年12月度保有商品別運用実績

それぞれの特徴と運用成績を下記に記載します。
※自分の口座とジュニアNISAの口座で同じ銘柄を持っている場合は、約定日の古いものだけを表記するようにしています

①<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド(再投資型)

詳細情報はこちら

先進国株式です。投資家・山崎元さんの著書で紹介されていた銘柄です。
こちらの運用実績は下記です。

・初回約定日:2018年4月20日
・基準価額:25,296円(2021年11月30日時点)
・平均取得価額:13,943円
・保有数量:1,097,001口(前月より±0)
・評価損益:+1,387,874円(前月より+142,500円)
・損益率:+90.73%(前月より+9.31%

②eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

詳細情報はこちら

米国株式投資信託の中で最も評価の高い銘柄です。
こちらの運用実績は下記です。
・初回約定日:2020年8月4日
・基準価額:19,204円(2021年12月31日時点)
・平均取得価額:14,008
・保有数量:361,901口(前月より+12,520
・評価損益:+188,031円(前月より+37,179円)
・損益率:+37.09%(前月より+5.97%

③eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

詳細情報はこちら

全世界に投資できる人気の高い銘柄です。

「FACTFULNESS」という本に記載されているように、世界全体は長い目でみればずっと右肩上がりになっています。
なので、全世界に分散して投資すれば、必ず成績は上がっていくでしょう、というコンセプトのもとに作られています。
・初回約定日:2021年1月5日
・基準価額:16,971円(2021年12月31日時点)
・平均取得価額:14,824
・保有数量:179,891口(前月より+13,938
・評価損益:+38,629円(前月より+13,613円)
・損益率:+14.49%(前月より+4.26%

④eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

詳細情報はこちら

③のオールカントリーから日本だけを除いたものです。
オールカントリーに対してどのような違いが起きるのかを見たい、という意味もあり、購入してみました。

・初回約定日:2020年8月4日
・基準価額:17,116円(2021年12月31日時点)
・平均取得価額:11,799円
・保有数量:273,100口(前月より±0)
・評価損益:+145,216円(前月より+20,865円)
・損益率:+45.07%(前月より+6.48%

⑤楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))

詳細情報はこちら

「楽天VTI」と呼ばれているファンドです。
こちらも非常に人気がある米国株式に連動したインデックスファンドです。
・初回約定日:2020年8月4日
・基準価額:20,094円(2021年12月31日時点)
・平均取得価額:14,849
・保有数量:347,946口(前月より+11,903
・評価損益:+182,499円(前月より+29,285円)
・損益率:+35.32%(前月より+4.33%

⑥eMAXIS Slim 先進国債券インデックス

詳細情報はこちら

「主として日本を除く世界各国の公社債に投資を行い、FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)と連動する投資成果をめざす」という特徴になっています。
・初回約定日:2021年2月2日
・基準価額:11,905円(2021年12月31日時点)
・平均取得価額:11,702
・保有数量:417,783口(前月より+37,680
・評価損益:+8,487円(前月より+2,315円)
・損益率:+1.74%(前月より+0.35%

⑦SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

詳細情報はこちら

「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」を通じてCRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果を目指します。
・約定日:2021年8月3日
・基準価額:17,565円(2021年12月31日時点)
・平均取得価額:15,898
・保有数量:157,258口(前月より+30,722
・評価損益:+26,215円(前月より+8,057
・損益率:+10.49%(前月より+1.41%

2.3 2021年12月の評価

11月に一旦落ち込んで、12月はオミクロン株の影響が色濃く出たため日本の株式市場は日々乱降下を繰り返しました。
2021年12月の日経平均株価の推移はこちらです。
©Yahoo!ファイナンス
しかし、最後は米国の動きに合せて回復を見せました。
やはり、米国と中心とした先進国や全世界に投資をするというのは非常に有効な方法であるというのがよくわかる結果になったといえるでしょう。
このような変動を定点で見ていくには家計簿を付けるのが有効です。
「そんなの面倒でできない!」という方は是非家計簿アプリを使いましょう。
自分は「マネーフォワードME」をオススメします。
<投資信託の「受取型」と「再投資型」の違いについて>
投資信託を購入するときに「受取型」と「再投資型」のどちらにするかを選択することが出来ます。簡単に言うと、「受取型」は運用益を分配金として受取れるもの、「再投資型」は運用益をそのまま再投資ししてくれるものとなります。
運用益とは、運用実績によって出た利益のことです。
しかし、投資信託の場合は、受取型にしても再投資型にしてもどっちもそのまま運用に回されてしまうという仕組みになっています。
なので、実際はどっちを選んでも同じ、ということがわかりました。「よくわからない」という方は、単純に「投資信託は受取型も再投資型も、運用益は払いだされない」と覚えておけばいいです。
詳しいことを知りたい方は下記動画を参照ください。
【徹底比較】ETFと投資信託はどっちがおすすめ?両者の違いを初心者向けに解説
01:08 投資信託とETFの基礎知識をおさらい11:52 投資信託と比べた際のETFのメリット20:17 投資信託と比べた際のETFのデメリット暴落時に僕はETFの買い増しを続けています^^▼ETFの買い方手順▼人気の高配当ETFを徹底比較

3.【まとめ】まずは真似することから始めてみよう!

本日のまとめをもう一度。

またも急回復。年間の最高成績を記録!

色々な動きはありつつも、結局12月は1年間の中で最高成績を収める結果となりました。
「株式投資は危ない」「株とか債券とかよくわからない」とかいう前に、まずは始めてみましょう。

自分はこの2021年、初めて定期積立を行いました。
そして分かったのは「手間なく資産を増やす方法はある」ということです。

自分は株式投資に特に必要なのはこの2つと考えます。
①正しい情報
②始める勇気

①は既に紹介しています。②は貴方次第です。
自分は、2022年も今までと同じように投資信託で株式投資を進めていきます。

外野から見ているだけでは何も変わりません。
当事者になれば世界は変わってきます。

一緒に頑張りましょう!!

株を始めるには証券口座の開設が必要です。

自分が一貫してオススメしている証券会社は、「楽天証券」と「SBI証券」です。
初めて証券口座を開かれる方は「楽天証券」がオススメです。

楽天証券へのアクセスはこちら

「楽天証券」の口座開設方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

【お金の話】第72回 開設方法も!楽天証券口座開設の勧めについて
こんにちは。ナンドーです。 このブログでは、自分の実体験をもとに色々役に立つ情報や雑記を記載していきます。 本日...

SBI証券の口座開設リンクはこちら。

SBI証券へのアクセスはこちら

窓口のある証券会社にはいかないようにしてください。
手数料の高い投資商品を買わされてしまいます!!
理由については下記記事をご参照ください。

窓口証券に行ってはいけない【カモネギ注意】
窓口証券に行ってはいけません。 今や、証券口座開設はネットでどこでもできます。 しかし、ネットで証券口座...

併せてNISA口座も開設されていない方はやってみましょう。

【お金の話】第6回 今年から始めよう!NISAシリーズについて
こんにちは。ナンドーです。 このブログでは、自分の実体験をもとに色々役に立つ情報や雑記を記載していきます。 本日のテ...
当記事内の紹介リンク
①FACTFULNESS

自分が現実と思っていた事は、実は10年以上前のことかも。
思い込みに惑わされず、本当のことを知ってみましょう。

②難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

「とにかく難しいことは考えずに投資を始めたい!」という方はこちらの本がオススメです。
自分も最初はこの本に従って商品を買いました。
投資の基本が非常にわかりやすく書かれています。

「上場インデックスファンドTOPIX」
「<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド」

これらの銘柄について本書にて詳しく紹介されています。

「役に立った!」と思われたら、「いいね!」していただけると励みになります。
また、お気付きの点や、ご意見がありましたらコメント欄へお願いします。

それでは、今日も一日ご安全に!

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました